ホーム > 

連年贈与による相続財産評価額引き下げ効果

連年贈与による相続財産評価額引き下げ効果

事例:連年贈与を始める前の相続税額

遺産総額 配偶者 子供 相続税額
40,000万円 なし 2人 10,920万円

定期贈与による贈与税額

一人当りの贈与額 年間贈与額 合計 一人当りの贈与税額 贈与税額 合計
310万円 620万円 20万円 40万円

連年贈与による節税効果

平成27年1月1日以降の相続事由発生

経過年数 贈与後の遺産総額 相続税額 相続税 軽減効果 贈与税額 連年贈与による節税効果
1年 39,380万円 10,672万円 248万円 40万円 208万円
2年 38,760万円 10,424万円 496万円 80万円 416万円
3年 38,140万円 10,176万円 744万円 120万円 624万円
4年 37,520万円 9,928万円 992万円 160万円 832万円
5年 36,900万円 9,680万円 1,240万円 200万円 1,040万円
6年 36,280万円 9,432万円 1,488万円 240万円 1,248万円
7年 35,660万円 9,184万円 1,736万円 280万円 1,456万円
8年 35,040万円 8,936万円 1,984万円 320万円 1,664万円
9年 34,420万円 8,688万円 2,232万円 360万円 1,872万円
10年 33,800万円 8,440万円 2,480万円 400万円 2,080万円

目的別の生命保険の加入形態

資産形成目的: 長男を被保険者とする生命保険

贈与者 契約者 被保険者 加入する保険 保険金受取人
長男 長男 貯蓄性の強い保険 長男の子
長女 長女 貯蓄性の強い保険 長女の子

相続税納税資金・代償交付金目的: 父を被保険者とする生命保険

贈与者 契約者 被保険者 加入する保険 保険金受取人
長男 終身保険 長男
長女 終身保険 長女

お電話によるお問い合わせは【東京】03-5649-7486【埼玉】048-662-6238

メールでのお問い合わせ