ホーム > 

保険仕分けサービス

保険仕分けサービス

封筒に入りっぱなしの保険証券 満期が過ぎていそうな自動車保険・火災保険証券の山 保険会社から送られてくる「御契約内容のお知らせ」 どれがホント?勧められた時の「保険設計書」の数々 厚さは天下一品の「御契約のしおり・約款」 etc・・・・・

どれを保管しておくべきか、
どれを捨てていいのか・・
とりあえず取っておこう

保険料をもっと下げられないだろうか・・・
今の保険で会社を守れるの?
死亡保険金にも税金が掛かるんですよね?
更新で保険料が上がるようだけど、いくらになるんだろう? 生命保険で将来いくら貯まるのか、詳しく把握したいけど・・・ 店舗や工場に地震保険は掛けられないの?

本当に必要な保険はどれだろう?
要らない保険はないのかな?
保険仕分けサービスの流れ

保険管理ファイルから現状認識まで

◇ 保険証券や保険関係の書類を必要な書類と不要な書類に仕分けして、保険管理ファイルを作成致します。
◇ 法人基本情報をご提供いただき、現状分析カルテを作成します。
◇ 現状分析カルテを基に、最適の事業保障資金及び将来の事業承継対策についてアドバイス致します。

ご提供する保険管理ファイルの内容

1 契約一覧 (生命保険・損害保険)
2 解約返戻金の推移 ( 資産計上額・解約時雑収入が一目でわかります)
3 解約返戻率ピーク管理表 (逓増定期保険・定期保険等)
4 被保険者別 保険契約明細・保険金額の推移
5 損害保険付保状況
6 現状分析カルテ


保険管理ファイルを作成すると必要な保険・不要な保険・足りない保険が一目瞭然!!

・無駄な保険料の経費節減
・死亡時の事業保障資金の適正額(当該事業年度・翌事業年度以降)
・解約返戻金・含み資産など,将来に渡る保険部門の資産管理
・・・・などに役立ちます。

保険仕分けサービスの流れ

保険証券をすべてご用意ください。
すでに効力がなくなっているような証券も含め、保険会社から頂いた設計書や保険会社からの案内文などそのままお預けください。 個人情報保護法に基づき、「機密情報の取扱いに関する方針」をお渡し致します。

保険証券・提案書・案内文など丸ごとお預かり致します。

生命保険と損害保険に分類しながら、必要な書類と不要な書類に仕分け致します。
不要な書類についてはこちらでは廃棄せず、「不要書類ファイル」として御返却致します。

契約が有効中の保険契約のみを保険管理ファイルに入れます。

必要な保険証券・書類をファイリングしながら、保険管理ファイルを作成いたします。(保険管理ファイルの内容は左記の通り)
毎年の半期毎に、契約内容のメンテナンスと保険の付保状況確認を行います。

保険管理ファイルを一目見れば、自社の保険をすぐに把握できるようになります。

貴社のリスクを正確に把握するために、法人基本情報をお伺い致します。会社の状況及び事業承継計画などを総合的に分析し、想定されるリスクを明確にします。

貴社のリスクに対する保険の付保状況・過不足をチェックいたします。

現状分析カルテを基に、貴社にとって最も適切な保険の構成とその対応策について丁寧にアドバイス致します。
貴社を取り巻く様々なリスクから、事業を安定的に継続できる体制を整えることができます。

対策を講じるべきリスクから貴社を守るための、最適なコストパフォーマンスを実現いたします。

証券の枚数と年商のいずれか少ない方を仕分けサービスの料金とさせていただきます。
従業員に一律に掛けている保険等のように、同一の保険種類が複数存在する場合は、
1証券に付き0.1枚とカウントします。交通費は別途請求いたします。

企業におけるリスクマネジメントとは、事業の本来目的である利潤の追求を阻害し、
または損失に変えてしまう恐れのある不確定要素=「リスク」を分析・評価し積極的に管理・防衛する手段です。
欧米の企業の多くには、このリスク対策を専門とするリスクマネージャーという担当部署あるいは担当者が存在します。
私たちは、欧米企業の社内担当者と同じ目線で、日本の中小企業のリスクマネージャーとなることを目指します。

お電話によるお問い合わせは【東京】03-5649-7486【埼玉】048-662-6238

メールでのお問い合わせ